筋トレの基本!「適応」 と「馴化」

お疲れ様です!松田です!

 

いやーまだまだ暑い日が続いていますね。

僕は長袖より半袖を着たいのでこれぐらいの感じ大好きですが!

 

さて、筋トレをすると筋トレによる刺激に対応しようと筋肉が成長するということはみなさんご存知でしょうか?

これは「適応」という現象です。

 

ある程度同じ刺激を続けても成長はしますが、同じ刺激をずーっと続けていると今度は「馴化」という現象が起こります。

要するに慣れです。同じ刺激を与え続け、刺激に慣れてくると筋肉は成長しなくなってきます。

 

適応→「やばい!今の状態だとこの刺激に耐えられない!耐えられるように筋肉を強くしよう!

馴化→「またこの刺激?いつものことだからほっといても大丈夫っしょ」

 

はい、筋肉の気持ちになって喋ってみました。

おそらくこんなことを思ってると思います。笑

 

前回と同じトレーニングでも「馴化」するので毎回違うメニューを組むという考え方の人もいます。

トレーニングの内容が習慣になってはいけないんですね。

 

例えば「胸のトレーニングは絶対ベンチプレスから初めて、ダンベルフライ、マシンフライをするぜ!!」ってのが習慣になってしまっている場合、ジムが混んでる時ベンチプレスが使えないから空くまで待つかーってなるとストレスになりますよね、時間も限られてるし。

 

そんな時はダンベルフライから始めてみるとかいつものトレーニングの順番を変えてみる。

それだけでも新たな刺激になります。

 

・トレーニングメニューを変える。

・トレーニングの順番を変える。

・トレーニング時の重量を変える。

 

これだけでも馴化は防げます。

トレーニングで何をするかというのは「馴化」しないように心がけましょう!!