初雪の便り

新しき年の初めの初春の

今日(けふ)降る雪のいやしけ吉事(よごと)

万葉集/大伴家持

 

新しい年の初めの初春の今日降る雪のように

良いことがもっとありますように

 

 

各地で初雪の便りが聞かれるようになりました。

万葉集からも雪の句を紹介します。

雪といえば、憂鬱な気分になりますが、降り積もる雪に

良いことを重ねるなんて素敵だなと思います。

来る年も良い年でありますようにと願わずにはいられません。